× ホーム 業界サービス 私たちに関しては お問い合わせ

医薬品とヘルスケア 市場調査レポート

外科ブレードとメス市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

外科用メスは、(趣味のナイフと呼ばれる)手術のために使用される小型、非常に鋭い刃楽器、解剖学的解剖、および様々な美術品や工芸品です。メスは、単回使用の使い捨てまたは再使用可能であってもよいです。再使用可能な外科用メスが永久より一般的には、鋭利な又はすることができ、ブレード、取り外し可能な使い捨てブレードが取り付けられていることができます。使い捨てメスは、通常、(万能ナイフのような)拡張可能なブレー

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183942

フラクショナルフローリザーブ市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

フラクショナルフローリザーブ(FFR)は、可能性を決定するために(通常によるアテローム性動脈硬化症、狭)冠状動脈狭窄を横切る圧力差を測定するために、冠動脈カテーテル法に使用される技術である心臓の筋肉(心筋虚血)に狭窄妨げる酸素デリバリー。<br /> <br /> FFRは、新規および狭窄冠動脈アテローム性動脈硬化症の推定のための潜在的に臨床的に有用な数学的なソリューション

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183929

ウルソデオキシコール酸医薬品製品市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

ウルソデオキシコール酸は、胆石、胆嚢炎、PBC、およびPSCの治療において重要な臨床薬で、広範な市場の見通しを持っています。以前の研究では、ウルソデオキシコール酸は、伝統的な有機合成によって調製しました。<br /> 市場 研究 がリリースした、「グローバル ウルソデオキシコール酸医薬品製品 市場 2022 メーカー別、タイプとアプリケーション」というタイトルの新しいビジネスインテリジ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183921

脊髄刺激装置市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

A脊髄刺激(SCS)又は脊柱刺激(DCS)は、移植可能な神経調節装置の一種である(時々呼ば&#34;疼痛ペースメーカ&#34;)脊髄の領域を(選択するために電気信号を送信するために使用されます特定の痛みの症状の治療のための背側の列)。 SCSは、より保守的な治療に応答しなかった痛みの症状を持っている人々のための配慮です。<br /> 調査チームは、脊髄刺激装置の市場規模が2022年のX

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183920

輸液薬局の管理市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

輸液療法は、患者の状態が厳しいまたは経口薬はあまり効果的である場合にのみ患者に処方されます。輸液薬局は、針またはカテーテルを介して抗生物質、抗真菌、抗ウイルス、疼痛管理と栄養の薬剤の注入が含まれます。癌、糖尿病、胃腸障害や痛みに関連する障害などの疾患は、一般的に点滴薬システムで処理されています。輸液薬局もすぐそばのサービスを提供することで、家庭で投与することができます。それはより多くの熟練した看護

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183903

アブレーション技術市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

アブレーション技術は、他の体の組織や臓器に影響を与えることなく、腫瘍または不要な物質を破壊する治療法です。なぜなら不健康または減少した臓器機能のため、これらの技術は広く御馳走癌、心血管および他の慢性疾患に使用されています。慢性疾患の治療では、医療アブレーションは異常組織の除去または完全な破壊の一等地な役割を果たしています。医療アブレーションは、プローブまたは腫瘍への皮膚を通して針を挿入することによ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183902

椎体形成術と椎体形成術デバイス市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

椎体形成術&椎体形成術は画像誘導外科的処置は、脊椎圧迫骨折(VCF)を処置するために行う、低侵襲です。圧迫骨折が背中の痛み、低下し身体活動、うつ病、独立性の損失につながることができ、肺の容量、および難易度寝を減少させました。骨セメントは、骨折に対する支持を提供するために、バック骨(椎骨)に注入されます。あまり一般的ではないが、骨粗しょう症、血管malformatinsか、のためには、がんの骨折は、

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183896

ティーツリー油市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

また、メラレウカ油としても知られているティーツリー油は、新鮮な樟脳臭との範囲がほぼ無色透明の淡黄色ことカラーと精油です。それは、東南アジアクイーンズランド州とニューサウスウェールズ州、オーストラリアの北東海岸にネイティブであるティーツリーの葉から取られています。<br /> 調査チームは、ティーツリー油の市場規模が2022年のXXXから2027年までにXXXに成長し、推定CAGRがXX

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183894

無影灯システム市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

無影灯システムは、手術中に使用される照明ツールです。<br /> <br /> この報告の範囲は、外科用ヘッドランプと、歯科用光ランプを含まない、外科用ランプ天井マウントに限定されます。<br /> 調査チームは、無影灯システムの市場規模が2022年のXXXから2027年までにXXXに成長し、推定CAGRがXXになると予測しています。 調査の基準年は2022年で

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183873

ブデソニド市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

とりわけ、ブランド名パルミコートの下で販売されてブデソニド(BUD)は、ステロイド薬です。これは、吸入器、錠剤として提供され、そして鼻spray.The吸入形態は、喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)の長期管理に使用されます。鼻スプレーは、アレルギー性鼻炎および鼻ポリープのために使用されます。遅延放出形態の錠剤は、クローン&#39を含む炎症性腸疾患のために使用され得る;病、潰瘍性大腸炎、および顕

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183870

イチョウ葉エキス市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

イチョウ葉抽出物(GBE)は、イチョウの葉から抽出された黄褐色粉末の一種です。主な活性成分はテルペンラクトンとフラボン配糖体が含まれます。<br /> さまざまな種類のイチョウ葉エキス、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほとんどのセグメント化された消費および販売データを提供することを目的として、このレポートは一次および二次の信頼できるソースからの最新の市場デー

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183867

応急処置キット市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

救急箱は、最初の援助を与えることで使用する物資や機器の集合であり、かつ個人または組織により目的のために一緒に入れたり、完全に購入することができます。それを一緒に入れて、それらの知識と経験に基づいて応急処置キットの内容で幅広いバリエーション、それは与えられた領域に法律や規則で使用及び変形することができる面積の異なる応急処置の必要があります。<br /> さまざまな種類の応急処置キット、下

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183864

肺動脈カテーテル市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

肺動脈カテーテルは、小さなカテーテルを心臓内の異なる箇所に圧力を測定するために、首、腕、胸、または大腿静脈を通して挿入され、心臓の右側に操作された診断手順です。<br /> さまざまな種類の肺動脈カテーテル、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほとんどのセグメント化された消費および販売データを提供することを目的として、このレポートは一次および二次の信頼できるソー

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183843

ブプレノルフィン塩酸塩市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

ブプレノルフィン塩酸塩、白色の結晶性粉末は、中等度から重度の疼痛の緩和のために使用さ半合成オピオイド鎮痛薬です。それは、モルヒネ、コデインおよびヘロインの同じ化学科です。しかし、ブプレノルフィン塩酸塩は、これらの薬よりも少ない陶酔効果をもたらすことの区別を持っています。<br /> さまざまな種類のブプレノルフィン塩酸塩、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほと

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183837

インフルエンザの診断市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

インフルエンザは感染症であり、ヒトにおける上気道に影響を与えます。この疾患は、子供と(65歳以上歳)高齢者人口では一般的です。この疾患は、公開会社の健康に大きな影響を持っています。インフルエンザAウイルスは、B型インフルエンザウイルスと比較してより大きなリスクをもたらします。 Bウイルスは世界的に感染の20%から25%に責任があります。呼吸器検体の適切な収集、保管及び輸送は、インフルエンザウイルス

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183836

なぜ私たちを選ぶのか
成功の保証

我々 ギャザー そして分析する業界情報 にレポートを生成するエンリッチ市場データ付き と消費者調査それはあなたを成功へと導きます

インスタントアクセスを取得

さらに面倒なことをせずに、私たちを選択して、正しい決定を下すのに役立つ重要な情報に即座にアクセスしてください

最良の見積もり

正確な調査データを市場で比較的安い価格で提供します。

機会を発見する

私たちのソリューションを使用すると、市場ドメインであなたの道に来る機会と課題を発見することができます。

最高のサービスを保証

経営幹部から、お客様のニーズに最適で、競合他社に先んじるのに役立つレポートを購入してください

営業チームへのお問い合わせ
お客様の声