× ホーム 業界サービス 私たちに関しては お問い合わせ

材料および化学薬品 市場調査レポート

塩化カルシウム(塩化カルシウム)市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

塩化カルシウム(CaCl 2を)を白色結晶として現れる、塩です。これは、無水及び水和物フレーク、ペレットおよび粉末として、または30から45パーセント溶液として市販されています。塩化カルシウムは、石灰石と塩酸を中和することによって、天然に存在するブラインを精製することによって生成されるか、又は合成炭酸ナトリウム(ソーダ灰)生産のソルベー法からの副産物としてれます。塩化カルシウムの主な用途は、道路除

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183962

フェロモン市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

フェロモンは、昆虫や他の動物の他の個人の行動に影響を与えるメッセンジャーとして生産化学物質です。彼らは通常負担風力されているが、土壌、植物または種々のアイテム上に配置することができます。昆虫のそれぞれの種は、食品や仲間を見つける食料資源を活用するために集約し、産卵のサイトを保護し、そして捕食を逃れるなどの日常活動に従事し、その生活の中でいくつかの百の化学薬品に依存しています。組み合わせまたは濃度で

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183961

プリーツメンブレンフィルター市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

プリーツメンブレンフィルターまたは&#34;&#膜34;特定の細孔定格を有するポリマーフィルムです。膜は、物理的障壁として作用し、膜の表面上にそのような粒子を捕捉することによって、それらの細孔定格を超える粒子および微生物を保持します。<br /> さまざまな種類のプリーツメンブレンフィルター、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほとんどのセグメント化された消費お

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183960

クリングフィルム市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

ラップフィルムは、通常、長期間にわたってそれら新鮮に保つために食品を密封するためのラップとして使用する薄いプラスチックフィルムです。フィルムをしがみつく、典型的には、表面を滑らかにしがみつくは、刃先を持つボックスにロール上で販売され、従って、接着剤又は他の装置なしに容器の開口部上にタイトなままであることができます。<br /> 調査チームは、クリングフィルムの市場規模が2022年のXX

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183958

代謝物化学試薬市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

代謝産物の化学試薬は、特定の代謝反応の検出またはスクリーニングするためのin vitroまたはin vivoで使用される診断試薬を指します。<br /> さまざまな種類の代謝物化学試薬、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほとんどのセグメント化された消費および販売データを提供することを目的として、このレポートは一次および二次の信頼できるソースからの最新の市場デー

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183957

アニオン性分散剤市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

分散剤または分散剤は、非界面活性ポリマーまたは懸濁液に添加界面活性物質のいずれかである、通常コロイド粒子の分離を改善し、沈降又は凝集を防止します。分散剤の役割は、安定な分散プロセスは簡単に、よりにすることです。<br /> 市場 研究 がリリースした、「グローバル アニオン性分散剤 市場 2022 メーカー別、タイプとアプリケーション」というタイトルの新しいビジネスインテリジェンスレポ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183956

透明石英管市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

透明石英管(また、石英ガラス管、石英管)が二酸化シリコンから作られた特殊な産業技術のガラスであり、優れた基礎材料の一種です。石英管は、超高純度、優れた分光透過、よく制御された寸法と下部(OH)ヒドロキシルなどの多くの優れた特徴を有しています。<br /> さまざまな種類の透明石英管、下流の消費分野、および世界中のさまざまな地域や国の競争環境のほとんどのセグメント化された消費および販売デ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183954

ヘキサン酸市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

ヘキサン酸(カプロン酸)は、パーム油やヤシ油、牛やヤギのミルクなどの動物性脂肪を含むさまざまな植物油で発見された短鎖脂肪酸、です。<br /> ヘキサン酸の主な用途は、人工的な風味のためにそのエステルの製造において、このようなhexylphenolsなどヘキシル誘導体の製造にあります。<br /> 市場 研究 がリリースした、「グローバル ヘキサン酸 市場 2022 メーカ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183953

イソホロン市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

イソホロンは、樟脳に似た臭いで、無色透明の液体です。少ない水よりも高密度で水に不溶で、点420°F、200近く引火点°F沸騰。連絡先は、皮膚や目を刺激します。経口摂取すると有毒。溶媒としておよび農薬で使用されます。<br /> 市場 研究 がリリースした、「グローバル イソホロン 市場 2022 メーカー別、タイプとアプリケーション」というタイトルの新しいビジネスインテリジェンスレポー

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183950

シリコン処理フィルム市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

シリコーンコーティングされた表面を有する膜であるシリコーンフィルムとも呼ばれるシリコーンコーティングされたフィルムは、ラベルの容易に分離ライナーとして機能します。<br /> 調査チームは、シリコン処理フィルムの市場規模が2022年のXXXから2027年までにXXXに成長し、推定CAGRがXXになると予測しています。 調査の基準年は2022年であり、市場規模は2022年から2027年ま

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183946

再分散可能なポリマー粉体市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

再分散性ポリマー粉末は、外部断熱複合システム、構成およびタイル接着剤、スクリード、セルフレベリング床材化合物、プラスター、補修モルタル、グラウト、及びセメント封止スラリーとして、多様な構造の化学的用途で主に使用されています。再分散性ポリマーの需要が継続的に、このような優れた保水性、作業性、モルタルの強い強度発現、高い曲げ強度と柔軟性、および強い衝撃と耐摩耗性と建設業界におけるその利点に起因して増加

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183944

鋳造と副子製品市場(Omicron-2022)は急速な成長を続けています| 調査により、新興セグメントの市場規模が明らかに

整形外科キャスト、または単にキャストは、(または骨をシェル、頻繁に手足を包む(または、いくつかのケースでは、体の大部分は)安定し、解剖学的構造、最も頻繁に壊れた骨を保持するために、石膏やガラス繊維から作られています)、所定の位置に治癒が確認されるまで。それはスプリントの機能と似ています。<br /> 調査チームは、鋳造と副子製品の市場規模が2022年のXXXから2027年までにXXXに

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183943

ポリ(エーテル - ケトン - ケトン)(PEKK)市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

ポリ(エーテル - ケトン - ケトン)(PEKK)はPAEK半結晶性熱可塑性であるポリ(アリールエーテルケトン)ファミリー、高い耐熱性、耐薬品性及び高い機械的負荷に耐える能力を有します。<br /> 市場 研究 がリリースした、「グローバル ポリ(エーテル - ケトン - ケトン)(PEKK) 市場 2022 メーカー別、タイプとアプリケーション」というタイトルの新しいビジネスインテ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183938

VCI防錆紙市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

揮発性腐食防止剤(VCI)は、表面処理を適用することは非現実的である腐食や酸化に対して鉄材料および非鉄金属を保護するために使用される腐食防止剤の一種です。彼らは徐々に積極的に表面の腐食を防ぐ密封された空域内の化合物を放出します。典型的なアプリケーションは、袋、箱や戸棚の内部に格納工具や部品を保護することであるVCIの一つの利点は、容器が開かれ、再び閉じている場合、阻害剤のレベルが回復するということ

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183935

PPRパイプ市場 | オミクロンコビッド19 |の概要、開発履歴、2027年までの予測が最新の調査で共有

PPRパイプは非常に長い寿命を有するポータブル冷温水分配システムの輸送のために設計されたDIN8078規格に従ってパイプの生産のために承認されたポリプロピレンランダムコポリマー(PPR-C)タイプ3、で構成されています。インストール技術は、PPRパイプと継手を接続し、溶融により溶接されるPPR管の異常な特性の一つです。これは、完全に漏れの点なしで相互接続されたシステムに別の部品と本体から溶接されま

: Mar, 2022 | レポートID : MR_183933

なぜ私たちを選ぶのか
成功の保証

我々 ギャザー そして分析する業界情報 にレポートを生成するエンリッチ市場データ付き と消費者調査それはあなたを成功へと導きます

インスタントアクセスを取得

さらに面倒なことをせずに、私たちを選択して、正しい決定を下すのに役立つ重要な情報に即座にアクセスしてください

最良の見積もり

正確な調査データを市場で比較的安い価格で提供します。

機会を発見する

私たちのソリューションを使用すると、市場ドメインであなたの道に来る機会と課題を発見することができます。

最高のサービスを保証

経営幹部から、お客様のニーズに最適で、競合他社に先んじるのに役立つレポートを購入してください

営業チームへのお問い合わせ
お客様の声